検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

手順1: 検討する - オプションの確認

手順1: 検討する - オプションの確認
1. 検討する - オプションの確認 2. 選択する - ソリューションの特定 3. 調整する - コードの更新 4. 検証する - アプリのテスト 5. 公開する - アプリの申請

Amazonでは、デバイスメッセージング用にAmazon Device Messaging(ADM)SDKとA3L Messaging SDKを提供しています。Firebase Cloud Messaging(FCM)とAmazon SDKでは、利用可能な機能が異なる場合があります。アプリで必要なFCM機能を確認してから、次の表を参照して、Amazonでサポートされるオプションを確認してください。アプリの確認が完了したら、次のセクションに進み、アプリをFire OSに対応させる方法を確認してください。

カテゴリー FCM機能 ADMでのサポート A3L Messagingでのサポート
メッセージのタイプ プッシュ通知
Fire OSでサポート
AndroidおよびFire OSでサポート
メッセージのタイプ データメッセージ
Fire OSでサポート
AndroidおよびFire OSでサポート
メッセージのタイプ データを含むプッシュ通知
Fire OSでサポート
AndroidおよびFire OSでサポート
ターゲットを絞ったメッセージング シングルデバイスメッセージング
Fire OSでサポート
AndroidおよびFire OSでサポート
ターゲットを絞ったメッセージング トピックベースのメッセージング
Fire OSでサポート
AndroidおよびFire OSでサポート
ターゲットを絞ったメッセージング グループベースのメッセージング
Fire OSでサポート
該当なし
グループベースのメッセージングには、ADMとFCMが提供するサーバーAPIを使用します。
クライアントからサーバーへのメッセージング アップストリームメッセージング Fire OSではサポート対象外
Androidでサポート、Fire OSではサポート対象外


グループベースのメッセージングには、ADMFCMが提供するサーバーAPIを使用します。

次のステップ

次の 手順2: 選択する - ソリューションの特定に進みます。