検索結果がありません

別のクエリまたはより具体的なクエリを試してください
開発者コンソール

公開済みアプリの更新方法

公開済みアプリの更新方法

アプリに新機能を追加する場合は、アプリを新しく作成するのではなく、Amazonアプリストアで公開中の既存のアプリを更新します。(新たに作成するのではなく)既存のアプリを更新することで、ユーザーによる評価やダウンロード統計を複数バージョンにわたって保持できます。また、ユーザーがアプリのアップデートを受け取ることもできます。

開始するには、ビデオチュートリアル(日本語字幕付き)を参照してください。公開済みアプリの更新方法について詳しくは、以降の各セクションで説明します。

既存のアプリの更新

既存のアプリを更新する際は、公開する前に承認を受ける必要があります。説明やアセットのみを更新する場合は、アップデートにアプリファイルが含まれる場合よりも、申請プロセスに要する時間が短くなります。アプリを更新する手順は次のとおりです。

  1. アプリにAndroid APKが含まれる場合は、最初に新しいAPKを作成し、アプリのGradleビルドファイルで新しいversionCodeを指定します。

  2. 開発者コンソールにログインします。
  3. ダッシュボード(デフォルトのホームページ)の [Amazonアプリストア] セクションで、[アプリ一覧] をクリックします。

    ダッシュボードの [Amazonアプリストア] セクション
  4. 更新するアプリをクリックします
  5. ページ上部のアプリ名の下にある [次期バージョン] をクリックします。確認メッセージが表示されたら、[OK] をクリックして続行します(既存のAPKを更新する場合も、新しいAPKを追加する場合も、この次期バージョンの機能を使用します)。

    新たなタブのセットが作成され、[アプリの情報][配信地域・価格等][アプリの説明][画像&マルチメディア][コンテンツレーティング][その他の情報] の各タブに、緑色のチェックマークが表示されます。これは、公開中のアプリに関連付けられている情報が必須フィールドにあらかじめ入力されていることを示しています。この情報は公開中のアプリからコピーされます。

    アプリ更新ワークフローの違い

    既存のアプリを更新する場合と新規のアプリを申請する場合では、ワークフローにいくつかの違いがあります。アプリを更新する場合は、最初のタブが [アプリの情報] タブになります。これは、新しいアプリを追加する場合に表示される [一般情報] タブに代わるものです。[アプリの情報] タブでは、アプリ情報の更新だけでなく、APKファイルやウェブアプリファイルのアップロードも行うことができます。[アプリの情報] タブの詳細については、アプリの情報:APKファイルまたはアプリの情報:ウェブアプリファイルを参照してください。

    また、最後のタブにも違いがあります。アプリを更新する場合は、最後のタブが [その他の情報] タブになります。これは、新しいアプリを追加する場合に表示される [APKファイル] タブまたは [アプリファイル] タブに代わるものです。[その他の情報] タブでは、アプリのサポート対象言語やテスト手順の更新を行うことができます。詳細については、その他の情報を参照してください。
  6. 最初のタブとして、[アプリの情報] タブが表示されています。このタブで、アプリファイルをアップロードします。APKファイルの場合は、次の2つの方法で既存のAPKを更新できます。

    • 前のAPKを置き換える: 同じデバイスをサポートする新しいファイルと既存のAPKを置き換えるには、[APKファイル] セクションで [置き換え] をクリックします。APKを置き換えると、前のデバイスサポート設定をすべて保持できます。APKがサポートするデバイスを選択済みで、新しいAPKも同じデバイスをサポートする場合は、デバイスサポートの選択を設定し直すよりも、置き換えを選択することをお勧めします。
    • 前のAPKを削除する: APKと前のデバイスサポートの選択をすべて削除するには、前のAPKの横にある、削除ボタンAPKファイルの削除をクリックします。次に、新しいAPKをアップロードして、デバイスサポートの選択を新しく設定します。APKがサポートするデバイスを変更するには、[APKファイル] セクションの [サポート対象のデバイス] の横にある [編集] をクリックし、サポートデバイスを更新します。

    複数のAPKがあるアプリ: アプリに複数のAPKがあり、APKごとに異なるデバイスをサポートさせたい場合は、2番目のAPKでサポート対象とするデバイスを最初のAPKから削除しておく必要があります。最初のAPKから削除したデバイスは、2番目のAPKで選択できるようになります。詳細については、同じアプリに複数のAPKを追加する方法および同じ公開アプリに対する複数のAPKを参照してください。新しいデバイス用のAPKを追加する場合、以前にサポートしていたデバイスで使用されているアプリは更新されません。

    ウェブアプリ: ウェブアプリの場合は、必要に応じてウェブアプリファイルを更新します。

    各タブの更新を終えて、情報に漏れがなければ、緑色のチェックマークがタブに表示されます。アプリのすべてのタブに緑色のチェックマークが表示されると、[アプリを申請] ボタンが有効になります。アプリを申請する前なら、どのタブの情報も変更できます。

  7. [アプリの情報] タブに、このリリースで加えた変更を入力できる [リリースノート] フィールドが表示されます。[編集] をクリックしてリリースノートを追加します。アプリに定義されている翻訳ごとにリリースノートが必要になります。
  8. 必要に応じて、残りのタブの情報を編集します。[配信地域・価格等][アプリの説明][画像&マルチメディア][コンテンツレーティング] の各タブの詳細については、Amazonアプリストアにアプリを申請する方法を参照してください。
  9. [アプリを申請] をクリックします。

Fire TVにおけるユーザー側のアップデートの流れとタイミング

権限変更のないアップデートの場合、Fire TVではバックグラウンドでアップデートが適用されます。パーミッション変更のあるアプリでは、ユーザーがパーミッション変更を手動で確認してアップデートを適用する必要があります。パーミッション変更のあるアプリの場合、Fire OS 6とFire OS 5のデバイス間でアップデートプロセスが異なります。

  • Fire OS 6デバイスのアップデート

    Fire OS 6デバイスでは、(インストール時ではなく)ランタイム時にパーミッションの承認が適用されるため、アップデートの適用前にユーザーがパーミッション変更を手動で承認する必要はありません。代わりに、バックグラウンドでアップデートが行われます。ユーザーがアプリを起動したときに、新しいパーミッションを承認するよう求める画面が表示されます。つまり、Fire OS 6では、アップデートをインストールすることができますが、その機能へのアクセスはランタイム時まで先送りされます(これは、ランタイムパーミッションがAndroidに導入された、Marshmallow以降のAPIをアプリがサポートしている場合です)。

  • Fire OS 5デバイスのアップデート

    APIレベルがMarshmallow以前(レベル23未満)のアプリでアップデートを適用するには、ユーザーが手動でそのアップデートを承認する必要があります。これらのアップデートについて、Fire TVは操作を促すヘッドアップ通知を24時間ごとに送信して、まだ承認されていないアップデートがあることをユーザーに知らせます。これらの通知は通知センターにも保存され、ユーザーに対して保留中のアップデートをまとめて表示します。

    手動でのアップデートが保留されているアプリをユーザーが起動すると、起動する前にアプリを更新するかどうかを確認するメッセージがFire TVに表示されます。ユーザーが拒否した場合、その後7日間、起動時にアプリの更新を促すメッセージは表示されません。

    ユーザーがアプリの詳細ページにアクセスすると、アップデートが保留されているアプリに対してアップデートボタンが表示されます。