開発者コンソール

手順1: TIF Companion Libraryをインポートする(既にアプリがある場合)


手順1: TIF Companion Libraryをインポートする(既にアプリがある場合)

TIF Companion Libraryは、一般的なTV入力サービス機能の拡張可能な実装を提供するフレームワークです。これには、TvInputServiceChannelSetupFragmentSampleJobServiceなどの必要なコンポーネントが含まれています(現在、TIF Companion LibraryはAndroidフレームワークには含まれていません。Android SDKではなく、Bintray JCenterを介してGradleの依存関係として配布されています)。

ApplicationIdの取得

アプリを公開する前に、許可リストへの追加を依頼し、アプリID(applicationId)を取得する必要があります。この識別子は、モジュールのbuild.graddleファイルで既存のapplicationIdの代わりに使用されます。コードは次のようになります。

applicationId "com.example.android.sampletvinput"

TIFパッケージの依存関係の追加

アプリのbuild.gradleファイル(プロジェクトではなくモジュール)の依存関係セクションに、次の行を追加します。

implementation 'com.google.android.libraries.tv:companionlibrary:0.4.1'

TIF Companion Libraryの最新バージョンは、Bintray JCenterで確認してください。

または、プロジェクトで最新のAndroidXライブラリを使用している場合は、Gradleファイルに次の行を追加してください。

implementation'androidx.tvprovider:tvprovider:1.0.0'

次のステップ

次の 手順2: TvInputServiceをセットアップするに進みます。